採用情報

RECRUIT

image description
image description

INTERVIEW

先輩社員たちに突撃インタビュー

アイテレコム本社勤務

宮坂 ひとみ
みやさか ひとみ

01 「マネージメント職」という新たなチャレンジ

私は本社で人事や社員教育など、マネージメントの仕事を行っていますが、私も以前は店頭に立って販売業務を行っておりました。店舗ではお客様それぞれのご要望やお悩みを直接お聞きして、それに応えるための提案をすることにやりがいを感じていました。

そうやって店舗で働く日々だったので、マネージメントをすると決まったときは、私にとって新たなチャレンジでした。

最初は「自分にマネージメントなんてできるのかな?」っていう不安がありました。しかし日々の業務を行っていくとマネージメントの基礎には店舗業務があって、また「お客様に喜んで頂く」っていう部分ではまったく同じだってことに気付きました。

考えてみると私が店頭で働いていたときも、先輩たちが店舗をどのように動かすかということを考えてくださっていました。今度は私がその役目となって、いかにして店舗スタッフが心地よく働けるかを考える番です。

image description

02 つきっきりで後輩を教えるメンター制度

今、アイテレコムではメンター制度という研修体制を導入しています。

メンター制度は大手企業とかでも取り入れられているんですが、メンターと呼ばれる先輩(指導者)が、新入社員の疑問や不安に思うことに助言しながらサポートしていく制度なんです。

アイテレコムの場合、採用が決まるとまずは本社での基礎研修を行います。その後、それぞれの店舗に配属され、3~6ヶ月の間、先輩社員がつきっきりで新入社員をサポートします。

うちの仕事はシフト制ですが、この期間はメンター役の先輩社員も新入社員も同じシフトとなります。なので、例えば「昨日教わったことでさらに今日も質問したい」っていう時に、先輩がお休みで聞かずじまいになってしまう、ということがありません。

image description
image description

03 アイテレコムとの偶然の出会い

アイテレコムとの出会いはとても偶然なんです。ある時知人と一緒に携帯電話を買いに行ったんですが、それが今のauショップ昭島で、その時「こういうお仕事もあるんだなぁ」ってことを知りました。

それまで私は飲食店で調理師の仕事していました。調理師になるのは子供の頃からの夢でもあったのでその仕事にはとても満足していました。

ただ、どこか「自分の視野を広げたい」っていう想いもあり、「ちょっとできるか分からないけど、やってみようかな!!」っていう気持ちでアイテレコムの面接を受け、無事入社することができました。

今考えると当時やっていた調理師の仕事も、今やっているマネージメントの仕事も似ている気がします。どちらもバックヤードの仕事でお客様と直接のやり取りはありません。しかし店舗スタッフと連携や協力をすることで、「お客様に喜んで頂く」ことができるこのポジションはとてもやりがいのある仕事だと感じています。

image description

04 入社を考えてる方へ一言

私はアイテレコムに出会ってから「他業種からの転職」、「店舗スタッフからマネージメントへ」という2回の大きなチャレンジがありましたが、それらを乗り越えられたのもコミュニケーションが取りやすり社内環境があったからだと思います。

新しく入社される方とも、今いるスタッフともコミュニケーションを取りながら様々なチャレンジを乗り越えていきたいと思っています。